Blog レッスンでのできごと

体験入学受付中

HOME // ブログ // 生徒さんの紹介(3)~7か月で200点アップ~

Blog レッスンでのできごと

CATEGORY


レッスンでのできごと つれづれなるままに ブログ

生徒さんの紹介(3)~7か月で200点アップ~

Hi, everyone! Julieです。

今日は、TOEICの勉強をがんばってくれた30代会社員の生徒さんを紹介します。

目次

入学のきっかけ

実は、はじめからTOEIC対策を希望されていたわけではなかったのです。はじめは、仕事で英語を使っているので、英語力を上げて仕事に役立てたい、ということでした。

そこで、英会話をしっかりと基礎から上げていく、というレッスンプログラムをはじめようとした矢先、「急に職場が変わることになり、突然会社からTOEICを受けるように言われました💦」と生徒さん。

かなり焦った様子でしたが、それなら「TOEIC対策コースに切り替えましょう!」と急転換! ガッツリ受験対策のレッスンプログラムに切り替えて、初日のレッスン日を迎えました。

TOEIC受験対策コースを開始

とにもかくにも、まずは文法!

TOEICの対策を始めるにあたり、高校英語の文法がきっちりと頭に入っていないと話になりません。スクールのオリジナル教材を使い、最短でさらっと高校英語の文法を復習し、うる覚えだったところや穴の開いていたところを埋めました。

最初に文法をかためたおかげで、その後の習得効率が飛躍的に上がりました。

使用教材:教室オリジナル文法プリント「マスターワーク」

単語は家庭学習でコツコツと

それと同時に、単語学習もはじめてもらいました。

単語学習のためにレッスン内で多くの時間を使ってはもったいないので、基本的には家庭学習として単語帳を使ってコツコツと覚えてもらいました。

それにしても、こちらの生徒さん、とにかく本気でした。1週間に新しい単語を100単語覚えるというペースで、単語帳をどんどん進めてくれました。7か月の間に、単語帳2冊を制覇しました。

使用教材:「出る単特急 銀のフレーズ」「出る単特急 金のフレーズ」

穴埋め問題は、得点大幅UPのカギ

次に取りかかったのは、穴埋め問題。
TOEICの問題は、短文穴埋めでささっと答えた答えが正解でも、長文で苦労して正解しても、配点は同じです。ということは、まず狙うは短文穴埋めです。

生徒さんはもともと500点後半の英語レベルでしたが、すでに高校英語の文法をさっと頭に入れておいたので、少しレベルの高い文法問題集「TOEIC L&Rテスト 出る1000問」をチョイス。

こちらの問題集は高校文法のディープな部分まで突いてきますが、マンツーマンでがっちり&コツコツと、ひとつひとつ仕上げていきました。

使用教材:「TOEIC L&Rテスト 出る1000問」

長文に取り組む

長文で大変なのは、時間が短くて最後までたどりつけないこと。
しかし、長文を読むにはコツがあるので、そのコツをひとつひとつ身につけていけば、おのずと読む時間は短くなっていきます。

よって、はじめは時間を気にせず、コツをしっかり身につけることに集中しました。

生徒さんは会社員だったため、文書を読むことに慣れていたので、文書を読むことに慣れるための取り組みは省き、純粋にコツを身につけることから始めることができました。

コツを身につけたら、時間をしっかりはかって、長文問題に取り組みます。時間をはかられると、気持ちとしては焦って間違いを起こしやすいのですが、生徒さんはコツを習得した後に時間をはかったトレーニングを行ったので、それほど正解率を落とすことなく、トレーニングを進めていくことができました。

使用教材:「TOEIC 究極ゼミ Part7」

いざ、受験!!

コロナのさなか、本当に会社でTOEICが行われるのか不安な部分がありましたが、無事に受けることができました。

受けた後、「手ごたえとしてはないわけではないが、なんともわからない」とおっしゃっていました。でも、どちらにしてもやれることはやった、と満足した様子でした。

そして、結果は770点!予想以上の結果に、ふたりで歓喜したことを覚えています。

現在の取り組みは・・・?

さて、TOEIC受験後も、英会話学習に励まれています。もともとは、会社で使える英会話を上達させたい、とおっしゃっていましたから。

TOEICのための受験勉強をしたおかげて、英語力が一気に上がっていました。特に文法に心配がなくなっていたので、現在の英会話のトレーニングは、非常に効率よく進むことができています。

発音もリズムもとてもよくなり、スムーズに言葉が出てくるようになりました。現在は英語を使う環境のもとで働かれているので、どんどん英語を使っていってもらいたいと思います。

お仕事が忙しい中、がんばって通ってくださっています。
今後も最大限応援していきたいと思っています。

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧